オスグッドでギプスをはめることはありますか?

オスグッドの症状の中でも骨折パターンのものは、
手術が必要になることもありますし、
ギプスをはめることがありますよ。

あまりにも強い負担が入っていたり、
慢性化したようなオスグッドの場合には、
手術が必要になります。

手術を行った後は、
がっちり固定しなければならないので、
ギプスをはめることが多いですね。

 

オスグッドの症状は、
なぜか分かりませんが、
医療者でも軽く見ている方がいます。

他の大きな怪我ばかりに注目していて、
オスグッドを軽い症状だと思っている、
微妙な医療者がいるのは間違いありません。

患者さんでも、つらい思いをされていて、
病院に行ったはずなのに、
適当に扱われてしまった患者さんが少なからずいます。

オスグッドは、決して軽い怪我ではありませんし、
放置すれば放置するほど改善されにくく、
最終的に手術が必要なレベルになってしまいます。

 

手術レベルになって、やっと重い腰をあげるというか、
手術だけをしっかりと行ってくれる先生もいるくらいです。

手術になる前にしっかりと治療を行ってしまえば、
手術する必要などありませんが、
なぜか手術レベルになるまで放置する先生もいます。

リハビリや治療をしっかりと行わず、
症状が悪化するケースも多いですよ。

手術を行えば症状は回復していきますが、
動きの制限が出てくるようになります。

手術後・ギプス固定を外した後、
しっかりと動きのリハビリを行って、
機能制限を改善していってくださいね。