オスグッドと、発熱は関係ありますか?

オスグッドの症状の中に、
発熱があります。

オスグッドの部分に発熱が起こって、
ジンジンと痛みが出ることがあります。

この段階で、アイシングをしっかりと行えば、
症状は簡単におさまることが多いです。

 

注意しなければならないのが、
アイシングをせずに放置していると、
全身の発熱が発生するんですね。

風を引いたような感じで、
微熱が起こることが多いです。

高熱が出ることは少なくて、
微熱が出てくる患者さんが多いです。

オスグッドの症状が拡大しすぎて、
血管を通じて熱が全身に広がり、
一般的な微熱が出てくるようになります。

 

全身の微熱が発生すると、
僕達、治療院では治療することが
とても難しくなってしまいます。

オスグッドの症状なのか、
それとも病気なのかを正確に判断できず、
治療を行うことができないんですね。

正直な所、見れば分かるのですが、
法律上、治療してはいけない状態です。

 

もし発熱が起こった場合には、
整形外科での治療が必要になります。

他の病気になっている可能性、
若年性の病気になっている可能性、
ここを探る必要があります。

接骨院等では、
どうしても検査が足りないので、
微熱が続く場合は、整形外科を受診してください。

 

オスグッドだと思っていたら、
まったく別の病気だった、
というケースもチラホラあります。

本当に注意が必要になりますから、
医療機関に通院するようにしてくださいね。