オスグッドとブーツは関係ありますか?

男性用のものも女性用のものも同じですが、
ブーツを履き続けているとダメージが入り、
オスグッドが発生しやすくなります。

ブーツを履いているからといって、
いきなり発生するわけではありません。

ブーツによる負担が大きくなって、
その状態で長時間同じ動きを行なっていると、
知らないうちにオスグッドの症状が出てきますよ。

 

ブーツの中でも負担がかかりやすいもの、
衝撃吸収できないようなものは、
特に足に負担が入ります。

先に負担が入るのは足首周辺で、
足首に違和感が出たり
強い痛みが出てしまうこともあります。

足の違和感を放置していると、
膝の部分が過剰に動くようになります。

動かしにくい部分の代わりに、
正常に動いている部分が過剰に動き、
負担が加わるようになってしまいます。

 

ブーツをもし履く習慣があるようでしたら、
ブーツの中にインソールを入れてください。

インソールを入れることで、
ブーツの衝撃吸収能力を高めることができ、
膝への負担を最小限に抑えることができます。

この状態でしっかりとした治療を受けたり、
セルフケアでマッサージなどを行うと、
症状が回復しやすいです。

自衛隊の患者さんなど、
特殊なブーツを履いている方ほど、
気をつけないと足を痛めてしまいます。

安全靴を履いている方も、
同じく痛みが強くなりやすいです。

女性のロングブーツも同じで、
特にヒールが高めのものを履いていると、
強烈な負担が加わるようになりますよ。

気をつけてください。