オスグッドとバドミントンは関係ありますか?

バドミントンを行う選手は、
左右の動き・前後の動きが激しく行われるので、
動きをストップする時に急激な負担が入ります。

シャトルを追いかけてストップして、
打ち込む際にも下半身に力が加わって、
強烈な負担が入ります。

踏み込んだ瞬間に肉離れが発生するくらい、
強く踏み込む選手も多いかと思います。

 

前傾姿勢が多いことと、
踏み込みでダッシュスタイルが多いので、
間違いなく下半身に負担が入ります。

疲労感もパンパンになっていき、
自覚症状が出る患者さんが多いです。

自覚症状が出ている段階で、
しっかりと疲労を取り除ければ、
オスグッドに移行することはありません。

 

でもオスグッドが発生した場合は、
腰の治療を一緒に行う必要性が出てきます。

腰の部分に強烈な負担が入り、
下半身の動きが悪化して、
オスグッドになっているケースが多いです。

他のスポーツは、足先の衝撃が上に登って、
膝に負担が入りオスグッドになることが多いです。

でも、バドミントンの場合は逆で、
腰に極度の負担が先に入り、
下半身に負担が蓄積して、
膝にダメージが拡大していきます。

他のスポーツの場合は、
腰の治療を行わないこともありますが、
バドミントン選手は腰の治療は必須です。

セルフケアも、マッケンジー体操や
ストレッチポールなどで
腰回りをケアする必要がありますよ。