オスグッドにバレエは関係ありますか?

バレリーナの患者さんは、
下半身に負担が入りやすいですね。

そもそも下半身を中心に活動すると思いますし、
負担が極端に加わっていることが多いですね。

患者さんにもバレエを行っている方がいらっしゃいますが、
膝や足首などの怪我をされている方が多いです。

オスグッドも出やすいと思うので、
セルフケアが必要になってきますよ。

 

バレリーナの患者さんは、柔軟性は全く問題なく、
関節がうまく機能していないときに、
負担がかかりやすくなっています。

ストレッチは日常的に行っているでしょうし、
衝撃吸収する能力も高い筋肉だと思います。

でも筋肉奥深くの靭帯部分、
関節を繋ぎとめておく組織のところに、
極端に負担が入っていることが多いですよ。

触ってみるとしこりのようになっているというか、
ゴリっとした感じになっていることが多いです。

自覚症状がない患者さんが多いのですが、
柔軟性とは別問題で、
関節の負担が入ってしまっています。

 

ご自身の体のパーツをいろいろ触ってみて、
膝以外にゴリっとした感覚の場所、
動かしにくい所がないかチェックしてみてください。

動かしても痛くないのに、
触ってみるとハリがあって少し痛い、
そうした場所が、オスグッドの原因になります。

筋肉ではなくて、関節部分を、
色々な角度から触ってみてください。

ゴリっとした部分が見つかれば、
ほぼ間違いなくそこが原因ですよ。

塗り薬を使用して、
マッサージを行うようにすれば、
症状の回復が早まっていきます。