オスグッドと自律神経失調症は関係ありますか?

オスグッドの症状が悪化しすぎると、
自律神経失調症が発生することがあります。

自律神経失調症は、
さまざまな原因によって発生し、
突然発生するようになりますよ。

 

オスグッドが発生すると膝の動きが悪化します。

膝の動きが悪化しすぎると、
体の動きを保つセンサーのようなものが過剰に反応し、
普通に動いているのに、動きが悪化することがあります。

ふらふらと歩くようになってしまったり、
自律神経失調症のような症状が出てきてしまいます。

自律神経失調症は、ストレスによって起こりそうですし、
心理的な問題が注目されていることが多いですが、
実際には、体の機能も関係しています。

精神面のストレスだけではなくて、
肉体面のストレスや疲労によって
自律神経失調症が発生することがあります。

僕は、心療内科のお医者さんではないので、
心理面の治療は一切行うことはありません。

でも肉体面の治療を行うことによって、
心理面の症状が回復するケースは、
数え切れないくらい見てきました。

もうどれくらいの患者さんいらっしゃったか、
まったく覚えていないくらい、
体の治療で心が改善された方を見てきました。

 

オスグッドになってしまうと、
とても辛いことだと思いますし、
ストレスも間違いなく受けてしまいます。

ショックも大きくなりますし、
とても嫌なことだと思います。

でも、しっかりと治していくと、
しっかりとセルフケアしていくと、
必ず改善していくので安心してくださいね。