オスグッドと捻挫は関係ありますか?

オスグッドは捻挫と関係ありますよ。

捻挫というのは関節をひねってしまって、
関節にくっついている筋肉や腱にダメージが入る、
ひねってしまうタイプの怪我のことです。

グキッとひねってしまって、
強烈な痛みが起こるものです。

まったく膝の痛みがなかったのに、
膝の部分を捻挫してしまうことで、
オスグッドがいきなり出てくることがあります。

膝の筋肉をひねってしまうことで、
骨の部分を強く引っ張ることになり、
オスグッドが出てきてしまうんですね。

あまり見られる症状ではありませんが、
たまに患者さんで発生しているケースがあります。

 

また、足首や股関節など、
膝とは異なる部分を捻挫したものが、
膝の部分に影響を与えることがあります。

捻挫すると動きが不自然になりますから、
かばうように動くようになります。

かばうように動き続けていれば、
自然に負担が蓄積されてしまって、
いつの間にか強い症状が出てくることがありますよ。

最初は違和感だけだと思って放置していたら、
びっくりするくらいの痛みが出てくることがあります。

捻挫している部分をしっかり改善して、
正しい歩き方に戻さなければ、
将来的には支障が発生するようになります。

オスグッドの症状だけでなく、
座骨神経痛など足のしびれが起こったり、
強烈な腰痛が起こることもありますよ。