オスグッドと革靴は関係ありますか?

学校などで革靴を履く必要がある場合、
革靴の中にインソールを入れてくださいね。

オスグッドの患者さんは、
革靴を履いたまま動いていると
症状が悪化する可能性が高くなります。

負担が強くなってしまうこともありますし、
オスグッドの原因そのものにもなります。

 

革靴は、よほど機能性の高いもの、
クッション性が高く作られたものでない限り、
負担が入りやすくなっています。

革そのものが固く作られていますし、
靴の中はクッション性がまったくない状態なので、
使用していると負担が入りやすくなります。

サラリーマンの方などで営業の方が、
腰痛やふくらはぎの痛みを訴えますが、
革靴による原因もあったりします。

腰や足に対する負担が、
革靴によってもたらされます。

 

オスグッドの場合も革靴が影響して、
痛みが強くなることがあります。

通学などで革靴履くことありますよね??

何気なく使用しているものの中に、
痛みの原因が潜んでいるものです。

なぜ革靴が誕生したかはよく分かりませんが、
医学的には負担が入りやすい靴となります。

僕は普段、スーツを着ることもありませんし、
一切、革靴を使用することもありません。

スーツや革靴というのは、
ファッション性は高いかもしれませんが、
機能性は極めて低いものになります。

 

最近の流行だと、キツ目に作られているものも多く、
キツ目の素材によって作成されています。

スーツによって症状が出ている、
そういった患者さんもいるくらいです。

きつすぎるものを使用すること、
衝撃吸収能力のない物を使用すること、
これらがオスグッドの原因になるのでご注意を。