オスグッドとo脚は関係ありますか?

O脚の患者さんは、膝に負担が入りやすくなり、
痛みが強く出るケースが多いです。

オスグッドの原因にもなるので、
O脚は改善する必要があります。

 

最近はあまり多くはありませんが、
日本人の古来からの生活習慣によって、
しばらく日本人はO脚気味でした。

床に座って生活する習慣が長かったため、
あぐらや横座りが多くなってしまい、
自然にO脚の方が増えていました。

最近の若い患者さんは足が長くて、
まっすぐに伸びているケースが多いです。

 

生活習慣によってO脚になることもあるし、
スポーツによってO脚になることもあります。

完全に骨がO脚になっている場合は、
手術して改善する必要がありますが、
そう滅多に見られるものではありません。

見た目がO脚になっているだけで、
実際には筋肉が骨を引っ張っているだけ、
というケースが多いです。

太ももの外側の筋肉が骨を引っ張り、
膝が開いているケースが多いです。

 

また生活習慣が変化して、
長時間、座り続ける生活になってきたことも、
O脚発生の原因になっています。

長時間座り続けるということは、
常にお尻や太ももの筋肉が圧迫されています。

お尻や太腿の筋肉が圧迫されすぎると、
筋肉の能力が低下してしまいます。

どちらの筋肉も、足を真っ直ぐに揃えるために、
ぐいっと力を込めている筋肉ですから、
能力が低下すると自然に足が開きO脚になってしまいます。

 

もしO脚気味でオスグッドが出ている場合は、
お尻と太ももの筋肉のストレッチを多めに行ってください。

これによって筋肉の機能が回復して、
自然にO脚が改善されるようになり、
結果的にオスグッドの症状も軽減していきます。