オスグッドと生理は関係ありますか?

僕の治療院には、
女性の患者さんのほうがたくさんいらっしゃっています。

女性患者さんが8割程度、
男性患者さんが2割程度といった感じで、
女性の方が圧倒的に多く来院されます。

こちらからは生理周期等について質問することは一切ありませんが、
患者さんから質問されるケースが有ります。

オスグットと生理は関係あるのですか??
と聞かれることがあります。

実際には、オスグットと生理周期は関係ありますよ。

 

女性の方は生理周期の流れに乗っているというか、
自然な状況で身体が変化していくようになります。

特に骨盤が開閉することが多いんですね。

骨盤が生理周期に合わせて開閉することで、
月経が促されるようになり
自然な生理周期がもたらされるようになります。

骨盤の歪みが発生しすぎていると、
子宮等に負担が入ってしまい
月経不順が発生するようになります。

ホルモンバランスの崩れも発生しますね。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、
筋肉が過敏に固くなることが多いです。

プロゲステロン、エストロゲンなどの女性ホルモンの関係性で、
ホルモンバランスが崩れてしまうことで
筋肉が固くなることが多いですよ。

筋肉が固くなるほど、
膝の骨が引っ張られるようになり
オスグットの症状が悪化するようになります。

症状は回復しているにもかかわらず、
負担が変化するというか、
月日の中で症状が変化してしまうことが多いんですよ。

痛みが回復しているにもかかわらず、
症状が増減することが生理周期によってもたらされます。

 

あまりにも生理周期が乱れている場合や、
月経不順・遅延・過多といった以上が発生している場合、
間違いなくオスグッドに大きな影響を及ぼすといえます。

オスグッドの原因になることはないですが、
症状を悪化させる一つの要因として存在しますから、
女性の方は注意したほうが良いかと思います。