オスグッドは冷やすor温める?

オスグッドになった場合には、
いつも冷やしておいたほうが良いですよ。

他のスポーツ障害の場合には、初期の段階では冷やして、
後半は温めていったほうが症状は回復していきます。

でもオスグッドは、
膝の関節の中でも負担が加わりやすい部分ですし、
炎症が最も出やすい部分だと言われているので、
常に炎症が出続けてしまうようになります。

炎症を抑えるためにアイシングが必要になりますから、
しっかりと冷やして患部を改善していってください。

 

温めて血行改善することも重要ですが、
温める過ぎると膝の部分に
慢性的な炎症が発生するようになります。

膝の外側や内側には起こりにくいのですが、
オスグッドの痛みが発生する脛骨粗面には
炎症が発生しやすいんですね。

人間の体の中で最強の筋肉と言われる
大腿四頭筋が脛骨粗面にくっつくので、
自然に負担が入るようになってしまうんです。

冷湿布の中でも完全に冷却するタイプのもの、
しっかりと冷却効果のあるものであれば使用しても大丈夫です。

スーッとするものではなくて、
完全に「冷たい!!」と感じるような湿布であれば効果的ですね。

基本的にはアイシングをしっかりと行ってください。

 

あと、お風呂あがりは一番炎症が強くなっているので、
オスグッドの患者さんは特に冷やしてくださいね。

お風呂にはいることはとても良い治療法の一つですが、
炎症を抑えておかないとその後症状が悪化してしまって、
強い痛みに移行するケースが多いですよ。

じっくりとお風呂に入って筋肉をゆるめたあと、
しっかりとアイシングを行ってください。

膝の部分を冷やしてくれればOKです。