オスグッドに冷湿布や温湿布、どちらが有効ですか?

オスグッドになってしまった場合、
常に冷湿布を行うことをおすすめしています。

冷却材と書いてあるものでなければ、
冷湿布でも温湿布でも効果はあまり変わりません。

冷却材と書かれている場合は、
しっかりと冷たくする効果がありますが、
それ以外のものは、入っている成分が重要です。

 

冷たくする・暖かくするという概念ではなくて、
どんな成分が含まれているかが重要です。

痛みを取り除く成分が入っているもの、
筋肉の張りを除去するなど原因を改善するもの。

同じ湿布薬であったとしても、
種類は複数あるんですね。

病院の先生に相談するのも良いですが、
薬局の薬剤師さんのほうが相談しやすいと思うので、
わからないことは薬剤師さんに質問してみてください。

 

あと治療家の立場として、
膝の部分はかぶれが広がりやすいので、
温湿布だと強すぎることがあるんですね。

膝の内側部分に太い血管が通っていて、
その部分に温湿布の成分が伝わると、
内ももにかぶれが広がるケースが多いです。

こうなると治療の邪魔になりますし、
オスグッドそのものの回復スピードも落ちるので、
かぶれには十分注意してくださいね。

かぶれてしまう場合は塗り薬の使用が、
塗り薬でもかぶれてしまう場合は飲み薬を、
それぞれ使用することをオススメします。

詳しいことは薬剤師さんに聞いてくださいね。