オスグッドと剥離骨折は関係ありますか?

オスグッドの症状が悪化し過ぎると、
剥離骨折に移行することがありますよ。

剥離骨折というのは、
骨が筋肉引っ張られることで、
骨がバキッと剥がれてしまう骨折です。

引っ張られすぎてしまって、
骨に負担が入って発生します。

 

オスグッドは、もともと膝の骨が引っ張られて、
痛みが発生するタイプの症状です。

そもそも筋肉に引っ張られることで発生するので、
そのまま強いダメージを受けていると、
突然、剥離骨折するケースがありますよ。

オスグッドに関係している
大腿四頭筋という太腿の筋肉は、
カラダの中で最強の筋肉だと言われています。

いろいろな筋肉がありますが、
一番太くて頑丈で力強い最強の筋肉です。

最強の筋肉であるからこそ、
骨を引っ張る力は強いです。

 

最強の筋肉がくっついている骨の部分ですから、
基本的には骨も頑丈に出来ています。

脛骨粗面という膝の部分ですが、
とても頑丈にできている部分です。

最強の筋肉と頑丈な骨、
どちらも対抗するようになります。

この対抗の中で筋肉が優位になると、
骨がおもいきり引き剥がされるようになり、
剥離骨折になってしまいます。

 

剥離骨折になってしまった場合は、
病院での治療が必要になります。

基本的には手術が必要だと思いますので、
しっかりとした治療を受けてくださいね。

ギプス固定もされるでしょうし、
その後のリハビリも重要ですから、
しっかり改善していってくださいね。