オスグッドと膠原病は関係ありますか?

オスグッドは中高生など、
比較的、若い患者さんに発生します。

膠原病は20代から30代の
こちらも若い患者さんに発生しやすいです。

まれではありますが、
スポーツを行っている患者さんで、
オスグッドのような膠原病が出ることがあります。

 

オスグッドのように膨らんでしまうものもあるし、
筋肉や皮膚部分に激痛が起こることもあります。

膠原病はそもそも病気ですから、
治療院や接骨院では改善できません。

膠原病そのものは病院でしか治療できないので、
病院で治療を行うようにしてください。

 

膠原病の症状が悪化しすぎてしまうと、
筋肉に極端な負担が入ることがあります。

膠原病とは関係のない部分で、
いきなり筋肉に負担が入ってしまって、
強烈な痛みを引き起こすことがあります。

こうした膠原病とは異なる症状であれば、
治療院でも治療することは可能です。

膠原病そのものは改善できませんが、
膠原病由来の症状であれば、
改善できるものもありますよ。

 

ただ皮膚筋炎など強烈な痛みのものは、
残念ながら治療院では難しいですね。